TOP > 代々木忠著『快楽の奥義』

代々木忠著『快楽の奥義』

セックスは
人間関係に恩恵をもたらすこともあれば
悲惨な結果を招くこともある。
快楽の奥義が、あなたを変える。



目次

はじめに

1章

なぜ「草食系男子」は増えたのか

  • 「エッチがめんどう」で海外旅行に行きたくない男たち
  • 失われていく肉体性とコミュニケーション
  • セックスとオナニーは根本的に違う
  • オナニーのほうが気持ちいい?
  • 哺乳びんとベビーカーで失われたスキンシップ

2章

なぜAVは衰退したのか

  • セックスのリアリティを求めたピンク映画
  • 作品から「商品」になっていったロマンポルノ
  • 本物のオナニーが見たかった
  • マーケティングがAVをダメにした
  • 現実のセックスがマニュアル化していく
  • 一流のAV男優と「汁男優」の違い

3章

「本当にいいセックス」とは何か

  • 「相手の体を使ったオナニー」では意味がない
  • セックスとはコミュニケーションである
  • 世界で最もセックスをしない日本人
  • 目を見つめ合うセックス
  • イマジネーションを高める目かくしFUCK
  • 元彼を想像しながら彼氏とセックスする女性
  • 『淫女隊』撮影現場の困った男たち
  • SMでしか相手と向き合えないカップル
  • 知的レベルが高い人ほどSMに走る
  • 新田利恵とチョコボール向井の「感動的セックス」
  • 撮影スタッフも感涙した加藤鷹の失神

4章

オーガズムとは何か

  • 同じ「イク」でも深さは違う
  • 地獄を抱えた女の子たち
  • トラウマからの解放された姫ゆりのオーガズム
  • 自分を許すことで男を包んだ藤木美菜
  • 男にも射精以上のオーガズムがある

5章

セックスで「イケない」女たち

  • なぜセックスで「イケない」のか
  • 自分と向き合えないアタマでっかちのセックス
  • 固い社会性の鎧の中にいる彼女
  • 「未熟な性」にオーガズムは訪れない
  • イケないセックスが「悪いセックス」ではない

6章

一流のAV男優、AV女優の才能とは何か

  • 男のプライドを崩壊させた南智子の「言葉なぶり」
  • 見つめるだけで男をイカせる渡辺美乃
  • 日比野達郎が「名人」である理由
  • 加藤鷹のすごさは「指」ではない
  • アンテナ体質の女たちとミラーニューロン

7章

男たちよ、本能を成熟させよ

  • 社会システムの変化で失われた本能 
  • 公娼制度を復活せよ!
  • M性感のススメ
  • 「ドロドロ力」をつけろ!
  • ボランティアで人間力を取り戻せ!

8章

僕がAVを撮り続ける理由

  • 3歳で失った母の記憶
  • 「体制」と「役人」への不信感
  • 花屋の奉公時代と最初の結婚
  • 指を詰めてケジメをつけたヤクザ時代
  • 3人の彼女との同棲と、二度目の結婚
  • 女の子たちに教えてもらったこと