TOP > 代々木忠の本より

代々木忠プロフィール

男優3人を手玉にとった女

 彼女は得体の知れないワイセツさを内に秘めていた。男優が3人がかりで彼女をイカせようとしたが、結局は失敗に終わった。

 

 男優たちはみな疲労困憊し、しばらくは動けないという状態だった。私にとってこの時点で、すでにこの作品は終わっていた。女にオーガズムをもたらすプロたちが、たった1人の、それも新人の若い女の子に敗北するのも、それはそれでいいように思えた。なぜなら、そこにはイカせようとしたがゆえにイカせられなかった者たちの姿があったからだ。

 

 男優たちがやっと起き上がれるようになったころ、カメラを置きっ放しにしたまま、私たちは雑談を始めた。そのなかで彼女は「強い男をいたぶりたい」とか「権力のある人をヨガらせたい」とか言いはじめた。いったいどんなヤツなんだろうと私は思った。

 

 彼女の発言が口火となって、いったんは終わったはずの作品が後半戦へと突入することになったのである。

 

 前半戦と打って変わって今度は彼女が、外見上いちばん力強そうな1人の男優を攻めてゆく。そのときの彼女の瞳にともるワイセツの炎に、私は釘づけにさせられた。男優は野獣のような叫び声を発して果てたが、一部始終を見守っていた他の2人も彼女に近づき、「オレもやって」とせがんだ。

 

 彼らはローションを手につけ、自らのイチモツをしごきはじめた。つい今し方イッたばかりの1人も加わり、3人全員でオナニーを開始したのである。彼女は言葉で彼らの快感をリードしていく。「ねえ、出るとこ見たい」「全部飲むから……」。

 

 男優が強制もされてないのに自らオナニーをするなんて、私も初めて見る光景であった。彼らは彼女の前で子供になり、そして射精し、再び動けなくなった。

 

 彼女の名は渡辺美乃という。

 

『色即是空』より


Back Number