TOP > 代々木忠の本より

代々木忠プロフィール

嫉妬

ある時期、私は作品の中で三角関係を作ってみたり、壊してみたりした。それは嫉妬という感情を糸口に、現代社会で人々が隠し、本来あるはずなのに、まるでないかのごとく振る舞おうとする喜怒哀楽をあおり、それをSEXという、同じく人々が他人に知られまいとする行為にぶつけることによって、作りものではない性を撮ろうとしていたのかもしれない。

 

『色即是空』より


Back Number