TOP > 代々木忠の本より

代々木忠プロフィール

面接の心得

面接は世間話から始めるが、それには私なりのコツがある。
最初にまず相手のグチを吐き出させてしまうのである。
家庭のグチ、学校のグチ、会社のグチ。女性たちは実にいろんなグチを持っている。 たとえば「最近学校でイヤなことない?」と誘い水をまけば、ほとんどの女の子が「あるのよ。聞いてくれる?」となる。
そこで私は彼女たちの言葉にぜったい反論しない。
「そうなんだよなぁ。でもキミ、よく我慢しているよ。 オレだったら、もうぜったい許さないな」とか「いやぁ、さすが女だよなぁ。男はそのへん短絡的だからダメなんだよ。女はすごいよなぁ」 とか、徹底的に相槌を打って、彼女の気持ちに輪をかけてしまう。
しかし、私は彼女たちをおだてているだけかというと、実はそうでもない。
彼女たちの話を聞いて、その立場に立ってみれば、本当にそう思う。 またそういう話が、私ののぞきたい部分でもある。
その中に作品のテーマが隠れている場合が多い。

 

『プラトニック・アニマル』より


Back Number