TOP女性に読んでほしいコラム > セックス経験1回の女の子

女性に読んでほしいコラム


第55章 セックス経験1回の女の子

 「ザ・面接VOL.143」の冒頭で、エキストラたちに自己紹介がてらプライベートのセックスについて訊いたところ、20歳の学生は「このまえ1回だけしました」と答えた。1人ではなく1回なのだ。市原いわく「あんたの穴、ほぼ新品やん!」。さてこの女の子、その後、あちこちで同時多発的に始まるセックスを目の当たりにし、はたしてどうなったかというと……。

 

 自分から服を脱ぎ、オッパイ丸出しで森林に「練習したい」と訴える。オチンチンをさわり亀頭を口にふくむが、森林は応じない。すると今度は「私まだ入れてもらってなくて、きょう入れてほしいんですけど」と、別の子と始めようとしている銀次にすり寄っていく。そして相手の女の子に「1回だけさせて」と手を合わせる。でも、僕はOKを出さなかった。市原が「まずは見ているように」と彼女に言うと、隣でセックスを始める銀次の巨根を未練たっぷりに見つめながら、「すごく太くて美味しそう」などと言う。結局、彼女が交わる機会は最後まで巡ってこなかった。

 

 僕は内心「この子、面白いなぁ」と思った。だから、次の「VOL.144」でも再びエキストラとして呼んでみることにしたのだ。そこで、もし彼女がしたくなったら、今度は止めないかもしれない。であれば、事前に会っておいたほうがいいような気がした。

 

 事前面接にやってきた彼女に、アダルトビデオに出るようになったいきさつをあらためて訊いてみた。彼女はこんなふうに答えた。本当はずっとセックスがしたくて、したくて、たまらなかったけれど、高校時代はそういうチャンスがなかったし、大学受験で恋愛どころじゃなかった。大学にさえ入ればと思っていたのに、実際に入ったら、そこでも恋愛やセックスの気配はまったくないのだと……。

 

 彼女の話を聞いているだけで、その切実さが伝わってきた。彼女がビデオに出たのは、純粋にセックスがしたかったからなのだ。1回だけある体験とは、他のビデオに出演しての処女喪失だった。そのときの感想としては、痛いの半分、気持ちいいの半分、でもMなので多少痛いのは平気だったという。

 

 つづいて近況を尋ねてみたところ、「ディルド(張り型)を買ってきて、一生懸命練習してます」と言う。おそらくフェラテクとかを磨いているのだろう。僕は「そりゃあ、違うよ」と言った。心の通う「セックス」と快楽を得る手段としての「セックスプレイ」の違いなどを、時間をかけて話し合った。

 

 「VOL.144」で、ついに彼女は前回からオアズケだったセックスをすることになる。そのシーンの言葉を一部拾い出してみよう。

 

 彼女「きついですか? 私すごくいい。どうですか? 入ってます。すごいあったかくて、すごく気持ちよくなってきた。ああ、激しいの、いいです。すごくいいです。当たってるのわかる。気持ちいいです。うれしい。はい、気持ちよくて、恥ずかしいのに気持ちいい。すごくいい。あったかくて、すごい気持ちよくて……」

 「ガマンできそうにない!」

 彼女「ああ、いいです。私のこと、気持ちよくなってください。私もすごくいいんで、おかえし……」

 「出そうだ、出ちゃうよ!」

 彼女「は、はい、お願いします」

 「どこに?」

 彼女「中に、私の中に熱いとこ出して、お願い!」

 

 文字に起こすと文章になっていないところもあるけれど、それは彼女の感情がダイレクトに言葉として出ているからだ。セックスしている相手と真に向き合っている証でもある。100人、200人とセックスを重ねてきても、一度も歓びを体験したことのない子がいる。つねにセフレが4、5人いて、いかにも性を楽しんでるように見えても、セックスごっこで止まっている子がいる。セックスにおいて大切なことのひとつは「自分の気持ちを相手に伝える」ことだが、まだ1回しかセックスしていない女の子が、それを見事に体現してみせたのだった。

 

 市原はじめ面接軍団は「いい女になった」「絶対モテるようになるぞ」「男、並ぶっちゅうの」と彼女を絶賛した。撮っている僕も、彼女の思いがバシバシ伝わってきて、思わず心があたたかくなった。

 

 前回、彼女が最初にエキストラで来たとき、あわよくば誰かとできないかとチャンスをうかがっていた。でも、「誰でもいいから」と彼女が言ったこともあって、僕はOKを出さなかった。誰でもいいからではダメなのだ。それは勃起したペニスが必要なだけということなんだから。

 

 彼女のセックスに対する熱意は、いったん“ディルドで練習”という間違った方向に走りはじめる。そこを僕が指摘したとき彼女が理解したのは、性体験がほとんどなかったことと、ドキュメンタリーな撮影現場にて心の通い合うセックスも見ていたからではないだろうか。そのなかには、女子高のときからずっと卓に恋い焦がれ、やっと願いが叶ったエキストラの子のセックスもあった。

 

 だからこそ、彼女は「プレイ」ではなく「セックス」ができたのだと思う。