TOP女性に読んでほしいコラム > 女性がAVに出る理由

女性に読んでほしいコラム


第41章 女性がAVに出る理由

 女性がアダルトビデオに出たいと思う動機はさまざまだ。この半年間のプロデューサーの面接資料では、こんな具合である(242名対象、複数回答あり)。

 

 まずは少数派の動機から。「浮気をした夫への仕返し(1名)」「花嫁修業としてセックスが上手くなりたい(1名)」「裁判費用のため(1名)」。残念ながら、どんな裁判なのかはわからない。

 

 これらより少し増える動機としては「スカウトされて何となく(5名)」「若いときからAVに出たかった(9名)」「有名になりたい(9名)」「ふだんの生活に刺激がないので(12名)」「自分を変えたい(13名)」。

 

 さらに増えると「(ネイルサロンやエステサロンなど)自分の店を持ちたいから(24名)」「海外旅行の資金として(27名)」「学費として(30名)」「借金の返済(33名)」「貯金したい(35名)」「一人暮らしや引っ越しの費用として(38名)」。ここはどれもお金にまつわる動機が占める。

 

 そしてダントツが「セックスに興味がある(173名)」。アダルトビデオに出たいのだから、当たり前といえば当たり前なんだけど、彼女たちの現状を読んでいくと“不自由している”のが見えてくる。

 

 彼がしないとか、ダンナがしないとか……。要はセックスレスなのだが、お互いにする気が失せたんじゃなくて、「私はしたいけど、相手がしてくれない」というケースが非常に多い。男たちは何やってんだ!?っていう話なのである。

 

 今は快を得る手段が多岐にわたって存在している。だから、本来ならばセックスで満たされるべき快も、違う方法で中和される環境ができあがっているのだ。

 

 だが、これは男たちに限った話ではない。実際、男も女もセックスをしなくなる傾向にはあるものの、監督面接や撮影現場、この相談室などで直接話を聞いてみると、男の側に顕著に現われているように見える。なぜだろう?

 

 ひと言でいえば、それは女性が強くなったからだと僕は思う。強い女に男は欲情しない。以前、「ザ・面接」の現場でこんなことがあった。白昼のオフィスで面接に来た女性を男優たちが犯していた頃の作品である。

 

 面接中に片山が主婦(37歳)からいきなりビンタを張られた。こうすれば男が歓ぶと勘違いしているようだ。夫とは別居中。「とんでもないのが来たなぁ」と市原。片山は引いてしまっているので、卓に「犯せや!」と催促するが、卓も行こうとはしない。こうして亭主も逃げたんだろうか……。

 

 主婦にお引き取りねがったあとで、僕は片山に「なんでヤラなかった?」と訊いた。力ずくで彼女を組み伏せていたら、ひょっとしたら何かが起きたかもしれない。片山が答える。「自分が犯そうとするときに、ふつうは恐怖心とか抱かないじゃないですか。気持ちがビビッてるっていうか、そうなったらもう犯せないです」。

 

 この主婦は極端なケースだが、オスはメスより優位に立ったときに欲情するのだと思う。言い方を換えれば、強いメスの前で、オスはオスが出せない。女性たちが急に弱くなるとも思えない。男たちはこれからどうすればいいのだろう。脳幹を鍛えて強いオスを取り戻すか、M男くんに徹してメスの前でヨガるか……。