TOP女性に読んでほしいコラム > 好きなのにイケない悩み

女性に読んでほしいコラム


第27章 好きなのにイケない悩み

 この「愛と性の相談室」で会った女性(30代・既婚)の話である。彼女からの相談内容をまとめると、「なぜセックスでイケないのか? ダンナのことが大好きなのに、どうしてすべてをゆだねられないのだろう?」というもの。

 

 ビデオに出る主婦で、夫のことが「好きじゃない」、もっと言えば「嫌い」と言う人もそれなりにいる。そういう奥さんが、夫とセックスしても「イケない」「自分を明け渡せない」と言うのなら、まぁ、そうだろうなぁと思う。

 

 けれども、相談に来られた女性は、ダンナさんを愛していて、2人いる子どもたちのことも大好きで、家庭はうまくいっているようだ。そんな彼女に言った僕の結論はちょっと置いておくとして、彼女が「イケない」「すべてをゆだねられない」原因から、まず見ていくことにしよう。

 

 会った印象としては、感情がスムースに出てくるし、明るく、前向き。しいて言えば、艶(つや)っぽさがやや足りないくらいか。性格は真面目で、自分を律している人だなぁと思った。もっとも、真面目で前向きだからこそ、「なぜイケないのか、どうしたらイケるのか」という点に自分の関心が絞り込まれているのかもしれない。

 

 彼女は僕のブログも読んでいるようで、あるとき、セックスでダンナさんの目を見ていないことを知る。これじゃイケないよなぁと思い、次からは目を見るようにしたのだが、どこかで逃げてしまうというか、うまく見られない。

 

 彼女はこうも語った。「ダンナの目をちゃんと見られなかったとき、そういえば、私ずっとお母さんの目を見てなかったなぁというのを思い出したんです。小さいころ、お母さんの目が怖かった」。「たとえばどういうときに怖いと思ったの?」と訊くと、「『おかあさーん』って甘えたときに、『なに』って上から見る、そのときの目が」と言う。

 

 ここをもう少し掘り下げようと僕は思った。彼女は3人兄弟のいちばん上だという。ことあるごとに「お姉ちゃんだから」と言われて育った。だからいつも自分を抑えていて、わがままを言いたくても言えない。唯一「お姉ちゃんはお利口さんね」と言われるのが歓びで、お母さんの期待に応えようとする自分がいた。僕が「もっとお母さんの愛情が欲しかったし、甘えたかった。でも、甘えられなかったんだね」と言うと、彼女は泣き出した。

 

 子どものころ本当に言いたいことを言えなかったのが、いま夫にも言えてないなぁというところにつながっているのだと彼女は気づいていく。これまで"甘えるレッスン"をしてこなかったのだ。「だからセックスのときにも、本当に言いたいことが出てこないんでしょうね」と言う彼女に、僕は「そこに気づくだけでOKだと思いますよ」と言った。

 

 念のために彼女に訊いてみた。「正直なところ、ダンナさんとのセックスは苦痛なの? それとも義務だったりするのかな?」。彼女は「いえ、感じるし、幸せなんですけど……」と言う。そこで僕はこんな話をした。

 

 「作品の中でイクことにこだわった時期がずっとあった。でも、あるときから、イクことにこだわるあまり、いちばん大切なものをオレは取り逃がしてるよなぁと現場でつぶやくようになったんだよね。2人がつながれて『幸せだなぁ』と感じること。それが大切なのであって、イク・イカないは二の次だと思う。だから、あなたはまったく問題ないですよ。いや、理想的だと思う」。

 

 翌日、彼女からお礼のメールが届いた。〈昨日は相談させていただいてありがとうございました。帰り道、なんだか気持ちが軽く、なんだかニコニコしてしまいました。本当にありがとうございました〉

 

 彼女に語ったことに嘘はない。もちろん同情や慰めなどではない。イクことにこだわり、心が満たされないまま快感だけを追い求めれば、人はいつしか快楽の奴隷になっていく。いまいるセフレが何十人、体験人数が何百人と増えつづけても、その延長線上にオーガズムはない。オーガズムは、心を満たす「幸せ」という名のレールの先に待っているのだ。相談に来た彼女の中で、イクことへのこだわりがなくなれば、それは起きるかもしれない。彼女はいちばんいいレールに乗っているのだから。